ブログ 

スタッフブログ

日本最古の土器

2018-01-12
甲州市塩山に奈良・平安時代の集落跡「ケカチ遺跡」があります。
この遺跡から平仮名で和歌が刻まれた土器が発掘されました。
平安中期の10世紀中ごろのものとみられ、この時代の和歌一首が記された土器の出土は初めてで、平仮名の統一は9世紀末ごろからとされており、文字の歴史的資料になるそうです。
この土器が現在笛吹市一宮町にある釈迦堂遺跡博物館で展示されています。
 
この機会に歴史的遺産に触れてみませんか?
1月29日までの展示です。
 
タクシーで勝沼駅から10分くらいです。